読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しっぷ・あほうい!

或る日のライブラリアンが綴るあれやこれや

2010年も暮れてゆきます

今年はいつもより一日早い仕事納めであった。27日の寒い晩、荻窪のカフェ6次元であった稲垣足穂イヴェント*1に駆けつけて、その余韻とともに、うちにある数少ない足穂関係の本であるところの高橋信行編『足穂拾遺物語』(青土社、2008年)、中野嘉一稲垣足穂の世界』(宝文館出版、1984年)、別冊新評『稲垣足穂の世界』などを、時折、他の本に寄り道しながらぱらぱらと読みかえしたりしている年の瀬。それからふと手が伸びるのは瀧口修造。左川ちかの詩篇を読んでいたら、急に瀧口修造が読みたくなったのだ。『現代詩読本 瀧口修造』のなかに澁澤龍彦による「卵形の夢 瀧口修造私論」というエッセイが載っていて、それを読んでいたら瀧口の言葉としてこんな文章が引かれていた、「私には文体の趣味はどうでもよかった。レトリックなどはどうでもよかった。別の何ものか、イメージの抽象的な痙攣と火花とでもいったものを求めて足りたのである」。瀧口のいう「痙攣」と「火花」は、左川ちかの詩篇に接した時にも思い巡らしたイメジだったので、わたしの中では二人の詩篇は似通ったものとしてうつっているのかも知れない。来年のパウル・クレー展へ向けて、春になったら『画家の沈黙の部分』(みすず書房、1969年)を読みなおそうっと。そういえば、足穂と瀧口は三つしか違わないので交流があったのか知らと思い何となく年譜をみていたら、瀧口修造自筆年譜の1928年のところに、「この頃、銀座で稲垣足穂に会い、また冨士原に誘われ巣鴨の自宅を訪ね、ほとんど無一物の部屋で一升瓶の冷酒のもてなしを受ける」とあった。そうか、互いに「守護天使」と呼び合っていた冨士原清一瀧口修造は連れ立って足穂に会いに行ったんだ。想像してなんだかそのことが嬉しい。ちなみに、足穂も瀧口も父親がお医者である。


中野嘉一による『稲垣足穂の世界』は「G.G.P.G.のころ」「竹中郁VS.稲垣足穂」「石野重道詩集『彩色ある夢』とその時代」「春山行夫稲垣足穂のこと」など、モダニズム詩の時代を知るにはもってこいの興味深い記述が満載なので、折に触れて読み返していたはずなのに、ああ、それなのにそれなのに、前に足穂の詩として紹介した(id:el-sur:20090625)"Ode to the Moon"の作者は、実は足穂ではなく友人の石野重道であった.....!ということが今回の再読で判明した。わー、すみません!ここにお詫びして訂正いたします。


筋金入りの足穂ファンとして有名な「信州のコタニさん」こと古多仁昴志さんによるコレクション展示は、足穂の自筆資料(「雛芥子の花のあいだにプラチナの豆ヒコーキを飛ばせてみたし」だなんて可愛らしい!)のみならず、「第二回未来派美術展覧会」目録(1921年)なんていう物凄いエフェメラもあって、とにかくため息ものに凄いのだけれども、その石野重道による『彩色ある夢』(1923年、装画・稲垣足穂)の現物も飾られており、これまた「おお!」であった。来年はさらに展示が充実した「古多仁昴志 タルホグラフィー展」*2がはじまるので今から楽しみです。

*1:『ドノゴトンカ』のサイトが出来ている! http://donogo-o-tonka.jp/

*2:http://donogo-o-tonka.jp/index4.html