読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しっぷ・あほうい!

或る日のライブラリアンが綴るあれやこれや

方法はいろいろでも、一見つじつまがあわないようでも、それは、未知の幾何学のように、揺るぎない論理にしたがっている。それは、直感では理解できても、合理的な順序で表現したり、理由づけをすることは不可能な、なにか、だった。彼は思った。ものにはそ…

ジュリアン・グラック『ひとつの町のかたち』を読む

お正月休みに、ジュリアン・グラック『ひとつの町のかたち』(書肆心水、2004年)を読んだ。 北村太郎がじしんのことを「街っ子」と呼んでいたように、わたしもまたじぶんを「街っ子」であると思っている。帯文の「少年と町」というのはわたしの好物であるの…

ジョゼフ・コーネル『フラッシング・メドウズ』

フィルムセンターにて、ジョゼフ・コーネルの短編映画『フラッシング・メドウズ』(8分/16mm/1965年)を観たので、忘れないうちに映像の記憶を書かねば、と思いつつも、こんなにあいだがあいてしまった。記憶が薄らいでしまう前に、走り書きしておいたメモを…

中村三千夫さんの小さな冊子(つづき)

国立国会図書館にて、中村三千夫さんの追悼文を閲覧してきた。詩人の安東次男による文が心のこもった文章でひどく感動する。とりわけ最後の一文。 先ごろ、中村三千夫が急逝した。中村三千夫といっても、一般にはなじみのない名まえだろうが、東京渋谷の宮益…

追記:平出隆×加納光於の対話で、詩画集をつくりませんか?と提案したのは加納さんのほうからだったとのこと。平出さんからのアプローチだろうなと思っていたので、すこし驚いた。詩画集『雷滴』は、中心に加納さんによるモノクロームの版画が置かれ、その両…

1983年のジョゼフ・コーネル映画祭

京橋のフィルムセンター図書室には、あらゆる映画資料を収集対象としているだけあって、こんなもの(リーフレット)まで所蔵されているのである。すごい(!)。1983年のその場に立ち会えなかった者として、せめて記録だけでもここに書きとめておきます。 1.…

増村保造『最高殊勲夫人』は、戦前の日活映画『結婚二重奏』へのオマージュである

関東でも梅雨明けが発表された午後、フィルムセンターにて、増村保造『最高殊勲夫人』(大映東京、1959年)を観た。若尾文子が可愛いテンポの良いロマンティックコメディの佳作といった感じで楽しめたけれど、いちばん感動したのは、母親役に戦前の日活スタ…

five pieces of 2013

2013年に読んで観てよかったものを備忘録として五本ずつ。今年はあまり映画は観られなかったのでパス。それにしても、雑事にかまけて年々読書量が落ちてきているのが深刻...。来年こそちゃんと本を読む生活をしたいと思う。 読んだ順・ジェイムズ・ジョイス…

chiclin アトリエショップのこと親しい友人のmitsouこと奥村麻利子さん・健男さん夫妻が、今月11日に東急大井町線の尾山台でアトリエショップをオープンしました。大きく窓を採った明るい白い部屋で、気持ちのよいところです。床は確か薄いグレイだったと記…

柏倉康夫『マラルメ探し』(青土社、1992年)よりメモ:「私はこの桁外れな作品を見た最初の人間であると信じています。マラルメはこれを書き終えるとすぐ私に来訪を求め、私をローマ街の居室へと招じ入れたのでした。......彼は黒ずんだ、四角な、捩じれ脚…

『spira/cc』01号

思うところあって、しばらくここを放っておいたのですが、またそろそろと再開するかも・しないかも。Spiral Recordsとcrystal cageが協同で発刊しているフリーペーパー『spira/cc』01号に、河野道代さんの『時の光』の書評を載せていただきました。12月にこ…

十月

「......彼の家の傍には、大きな樹々の並木道がございました。そこを端から端まで、往ったり来たり逍遥しながら、彼は幾時間もの間、自分の孤独極まりない身の上を思い続けたり、遐かなくさぐさの存在が、その暗がりの不気味な深みの中に、まだ何か、希望と…

・神奈川近代文学館『近藤東文庫目録』(http://www.kanabun.or.jp/0e00.html)竹中郁 書簡(パリ、マドリッド、ニース)1920年代絵葉書 *これは閲覧不可? 竹中郁没後三周年記念パンフレット(梅田近代美術館、編集工房ノア、1985.4.6) 竹中郁『一匙の雲…

平出隆《FOOTNOTE PHOTOS》展 ――葉書でドナルド・エヴァンズに 写真と郵便による「もうひとつの世界」への旅 http://www.spiral.co.jp/e_schedule/2012/05/spiral-records-presents-goro-i.html 「通常の切手の脇に、あなたの切手を並べて貼ったものです。郵…

言葉を失った状態が長くつづいたので、言葉を読むことに困難をおぼえた一年だった。上に挙げたのは、その中でのささやかな収穫です。今年は集中力を持続して読むことができなかったという外的要因もあるけれど、言葉の多い小説よりも言葉の少ない詩のほうに…

via wwalnuts叢書09の平出隆『胡桃だより』と吉岡実『ポール・クレーの食卓』の表紙がどことなく似ているなあと思ったことを書き留めておきたい。吉岡実のこのささやかな拾遺詩集のことを突然にぽんと思い浮かべてしまったのは、ちょうど機会があって*1書肆…

欧州旅行記 その3 9月26日、晴れ。美味しいけれど少し塩辛いハムとチーズを挟んだバンズにコーヒーという簡単な朝食を摂り、さっそく街へ出掛ける。トラム2番に乗り、通勤自転車の列がものすごいスピードで縦横無尽に往来をゆくのを驚きの交じった思いで眺め…

欧州旅行記 その2 9月25日、アムステルダム二日目。今日は日曜日で、武田百合子さんとフォークナーとマーク・ロスコとロベール・ブレッソンと家人の誕生日である。日没が遅いからか夜明けも遅い。薄明の時間がずいぶんと長いような気がする。運河から湿り気…

欧州旅行記 その1 9月24日夕刻、アムステルダムに到着。スキポール空港(「船の地獄」という意味をもつのだそう)から中央駅へ黄色い電車に乗る。二等車のドアを開けると、がらんとした車両のコンパートメントの壁に大きく落書きがしてあるのを見て、ああ、…

机上の灯台 ノウゼンカズラの杏色の花は落下し、百日紅と芙蓉はまだたくさん咲いている。この前見たときはまだムラサキシキブの小さな実は色づいていなかったのに、今日はもうだいぶ薄紫色に変わっていた。 まっさおさおな高い空なので、日傘くるくるまわし…

石原輝雄『三條廣道辺り 戦前京都の詩人たち』(銀紙書房、2011年) マン・レイ・イスト氏こと石原輝雄さん(id:manrayist)より上梓されたばかりの本を一冊分けていただいた。前々から出来を愉しみに待っていた一冊である。正式な発売日はまだにもかかわら…

瀧口セラヴィ農園のオリーヴ 一九六〇年代の終りころから瀧口さんはこの庭のオリーヴの実を舞踏家の石井満隆らの協力で採取して、ピクルスを作ることを試みられた。わざわざビンを買って来られ、ラベルも印刷して、その成果は毎年幾人かの親しい友人たちに配…

水晶のように透明(クリスタル・クリア):キャサリン・マンスフィールド 書かない時間があまりに長かったので、ここに何を書いていいのかよく判らなくなってしまった。こういう時は引用に限ります(?)。時間があるので、昔読んだ本を気まぐれに読み返すと…

マックス・ブロート宛 [プラナー、消印 1922.7.5].......なんと脆弱な地盤、というよりまるで存在もしない地盤のうえに僕は生きていることか。足の下は暗闇だ。そして暗い力がそこから、みずからの意志で生まれ出て、僕が口ごもる言葉なぞ歯牙にもかけず僕の…

メモ:カフカがローベルト・ヴァルザー『タンナー兄弟姉妹』について書いている。 アイスナー取締役宛[プラハ、おそらく1909年]親愛なるアイスナー様、御恵送ありがとうございます。 私の専門の勉強は、いずれにしてもはかばかしくありません。 ヴァルザー…

私的メモ:島本融と北園克衛 返本の時に、ふと書庫で目についた『株式会社紀伊國屋書店 創業五十年記念誌』(非売品・昭和五十二年、紀伊國屋書店)という本をぱらぱらとやったら、これはとてもおもしろそうだとピンと来てさっそく借り出してくる。収録され…

・彷書月刊の8月号「特集・川崎長太郎のうたごえ」における、平出隆×坪内祐三対談がめっぽう刺戟的。長太郎と荷風における歩行の違いの話など、なるほどと思う。何かの目的のために歩くのではなく、歩くという行為やストロークのリズムそのものが皮膚感覚と…

昨日は、原宿のブックカフェBibliotheque(ビブリオテック)*1主宰の、『鳥を探しに』刊行記念・平出隆トークショー「散文へのまなざし」を聞きに行く。昨年11月の「西荻ブックマーク」(id:el-sur:20091117)での扉野良人さんとの対話の中で、準備中のこの…

岡田時彦による渡辺温の追悼文 国会図書館の提供する「雑誌記事索引」の断絶と不備とを埋める、皓星社の「雑誌記事索引集成データベース」(http://www.libro-koseisha.co.jp/top01/main01.html)は本当にすばらしい仕事.....!無料公開だったテスト版の頃か…

村松桂さんの写真展「danza margine」が恵文社にて開催中だそうです。お近くの方はぜひ。 村松さんの写真をはじめて拝見したのは、昨年の空中線書局の10周年記念イヴェントにおいてだったのですが、どこか不穏で、静謐なのだけれどシンプルというのではなく…

とある二都物語:山上の蜘蛛、あるいはボン書店の幻 モダニズム詩の光と影 海の見える瀟酒な洋館グッゲンハイム邸にて、扉野良人さん主催の「とある二都物語 山上の蜘蛛、あるいはボン書店の幻 モダニズム詩の光と影」に参加する。オープニング音楽は「かえ…

休み時間にせっせと伊達得夫に関する文章を集めている。 真理ちゃんと百合ちゃんのお父さんの仕事はふしぎな商売でした。 詩集や詩論の本は少ししか売れず、ふつう、それは商売にはなりません。他の本を出している本屋さんとか、印刷屋をしている閑な人が、…

そうそう、そして、詩とその周辺の私的読書の最後を飾る(?)素敵なイヴェントが冬至の日の神戸でありますよ!今、いちばん刊行を楽しみにしている"Donogo-o-Tonka"の版元りいぶる・とふんの主宰で、季村敏夫と内堀弘がモダニズム詩について語る、とくれば.…

「胡桃」と「どんぐり」:ふたつの木の実たち; 第37回西荻ブックマーク 2009年11月15日(日曜日) 平出隆×扉野良人師弟対談 座っているだけでなんとも絵になるお二人に、トークショーなんていう軽々しい言葉はどうもしっくり来ないのです。かと言って、重々…

素敵な催しのご案内をいただきました: アトリエ空中線十周年記念展 インディペンデント・プレスの展開 Development of an Independent Press : the first decade of Atelier Kuchusen 2009年11月13日(金)〜12月6日(日) 於・ポスターハリスギャラリー h…

11月15日、西荻で素敵なイヴェントがあるそうですよー! http://nishiogi-bookmark.org/2009/nbm37/ 平出隆『葉書でドナルド・エヴァンズに』をこよなく愛し、扉野良人編集『ドノゴトンカ』次号を心待ちにしている読者としてはこれは駆けつけないと。 2009年…

田中栞さんの『書肆ユリイカの本』(青土社)*1刊行記念トークショーに予約した。楽しみ。 「書肆ユリイカの本、人、場所」 出演 奥平晃一(田村書店店主)×郡淳一郎(元・青土社『ユリイカ』編集長、校閲者)×田中栞 日時:2009年10月5日(月)18:00開場 18…

日曜日、第33回西荻ブックマーク「『昔日の客』を読む〜大森・山王書房ものがたり〜」に参加する。ここだけの話(?)私小説にはさほど興味がなく、上林暁、尾崎一雄、木山捷平、野呂邦暢など名前しか知らず読んだこともない(うわーすみません......)のだ…

シンポジウム「尾崎翠の新世紀」はいよいよ明日からです!

今日、尾崎翠の「途上にて」(昭和六年四月)を読み返していたら、「中世紀氏」と「フロインデイン」という言葉が気になった。「中世紀氏」という言葉が気になった訳は今日は時間がないので後日述べることとして、「女ともだち」と注がついている「フロイン…

雄松堂が出版しているマイクロフィッシュ版『精選近代文芸雑誌集』シリーズ(http://yushodo.co.jp/micro/kensaku/zassi/zassi-mok2.html)は、「あ、この人がこんなところに」とか「あら、この人にこんな一面が!」などと閲覧しはじめると幾ら時間があって…

3/27, 28に駒場の日本近代文学館で開催される「尾崎翠の新世紀」(http://osakimidori.info/)シンポジウム、追加予約の受付は本日15:00からです!残席は僅かですのでお早めのご予約をお願いいたします。(追記:予約受付は終了いたしました。) 当日、来場…

美しい装丁と洒脱なセンスで他の追随を許さない「日本のガリマール」(って今勝手に名付けた)こと、みすず書房の発行している、月刊『みすず』(http://www.msz.co.jp/book/magazine/)最新号no.568(2009年1・2月号)は「読書アンケート特集」。 みすずの…

「尾崎翠の新世紀」予約受付中です!

出演者の一人である川上未映子さんの公式サイトでご紹介いただいてからというもの、もの凄い勢いで予約が来ております。まだチラシも完成していないのに.....!ご参加予定の方は、くれぐれもお早めにご予約くださいますよう、お願いいたします......! ご予…

取り急ぎお知らせ。来年三月に日本近代文学館にて開催されるシンポジウム「尾崎翠の新世紀」の公式サイト(http://osakimidori.info/)が正式オープンしています。予約の受付は来年一月から。講演に川上未映子さんと池内紀さん。パネルディスカッションに吉野…

お知らせです。待望の尾崎翠シンポジウム、2009年、TOKIOで開催! 尾崎翠の新世紀 ー第七官界への招待ーhttp://osakimidori.info/ 日時:平成21(2009)年3月27日(金)、28日(土) 会場:日本近代文学館・講堂 主催:「尾崎翠の新世紀」実行委員会、鳥取県…

お知らせ:伊藤大輔とか言っている次のエントリーに書くのもどうかと思うけど イラストレーターの福田さかえさん*1の展示"tiny shoes"が学芸大学のギャラリーtray*2で開催中。和紙を思わせる柔らかい紙に描かれたイラストはところどころ輪郭が滲むような効果…

映画メモ 岸松雄『私の映画史』(池田書店、1955年) 山中貞雄を発見した映画批評家として有名な岸松雄の自叙伝に後半「愚問愚答」と題されて『キネマ旬報』に連載された監督対談が付け加えられている楽しい本。1906年(明治三十九年)生まれのこの著者の自…

連休メモ覚え書き 13日、ずっと行きたかった横浜の元町公園にて大正活映撮影所の碑を拝みにゆく。英パンの「俳優事始め」の地。「岡田時彦」の名前がちゃんと碑に書いてあるのを確認してご満悦の図。(←阿呆ですみません) その後、横浜都市発展記念館にてこ…

土曜日、カナさんと金井美恵子+金井久美子+井口奈己トークショーをジュンク堂に見に行く。 映画監督の井口奈己が聞き手というのもあって、映画に関する話題が多かったように思う。『楽しみと日々』と今回の新刊『昔のミセス』において、成瀬巳喜男について…

久生十蘭(=阿部正雄)について語るキートン氏 「今でも名前を覚えている人で、函館中学に阿部正夫(ママ)さんという人がいましてね。この人がたいへんなお洒落でした。女性にももてたんでしょうね。遺愛女学校というミッションスクールがありまして、そこ…